薊の花も一盛り

【読み】 あざみのはなもひとさかり
【意味】 薊の花も一盛りとは、器量のよくない女性であっても、年頃になるとそれなりの魅力や色気が出るものだというたとえ。

【薊の花も一盛りの解説】

【注釈】 トゲが多く、あまり見栄えのしないアザミでも、花が咲く美しい時期があることから。
「一盛り」とは、一時期盛んであること。
【出典】
【注意】
【類義】 鬼も十七山茶も煮端/鬼も十八茨も花/鬼も十八番茶も出花/鬼も十八蛇も二十/南瓜女も一盛り/蕎麦の花も一盛り/娘十八番茶も出花
【対義】
【英語】
【用例】 「薊の花も一盛りで、うちの娘もなかなか女性らしくなってきたものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス