海老で鯛を釣る

【読み】 えびでたいをつる
【意味】 海老で鯛を釣るとは、小さな投資や労力で大きな利益を得ることのたとえ。

【海老で鯛を釣るの解説】

【注釈】 珍重される鯛を、小海老を餌にして釣り上げることから、わずかな元手で大きな収益・収穫を得ることをいう。
略して「海老で鯛」とも。
「海老」は「蝦」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 雑魚で鯛を釣る/蝦蛄で鯛を釣る/鼻糞で鯛を釣る/麦飯で鯉を釣る
【対義】
【英語】 Throw a sprat to catch a whale. (小魚を投げてクジラを捕る)
A small gift brings often a great reward.(小さなプレゼントが大きなお返しをもたらすことがしばしばある)
Venture a small fish to catch a great one.(大魚を釣るために小魚を賭けよ)
【用例】 「一名に新車が当たるプレゼンとを企画したら、商品の売り上げが八倍になった。蝦で鯛を釣るような気持ちだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス