江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ

【読み】 えどっこはよいごしのぜにはもたぬ
【意味】 江戸っ子は宵越しの銭は持たぬとは、江戸っ子の気前のよさ、金離れのよさを自慢したことば。

【江戸っ子は宵越しの銭は持たぬの解説】

【注釈】 「宵越しの銭」とは、一夜持ち越す金のことをいう。
江戸の職人は、その日に稼いだ金はその日のうちに使ってしまい、貯めることを潔しとしないのだと、江戸っ子の金離れのよさを誇っていう言葉。
江戸っ子のやせ我慢で言っているいうとも受け取れる。
「宵越しの銭」を「宵越しの金」、「持たぬ」を「持たない」「使わぬ」「使わない」に変えた言い方もある。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬというだろ、もらった金はその日のうちに使っちまうもんだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス