江戸の敵を長崎で討つ

【読み】 えどのかたきをながさきでうつ
【意味】 江戸の敵を長崎で討つとは、意外な場所や筋違いなことで、以前受けた恨みの仕返しをすることのたとえ。また、関係のない者を討って気を晴らすことのたとえ。

【江戸の敵を長崎で討つの解説】

【注釈】 江戸の地で受けた恨みを、遠く離れた長崎で返すことから。
一説には、大阪の見世物師が江戸で江戸の見世物をしのぐ勢いで大成功をおさめたが、その見世物師が大阪で長崎の見世物師に人気を奪われたことから、「江戸の敵を長崎が討つ」と言っていたものが転じ、「江戸の敵を長崎で討つ」になったといわれる。
【出典】
【注意】 執念深い恨みを晴らすの意で使うのは誤り。 誤用例 「江戸の敵を長崎で討つというように、彼がどんなに遠くへ逃げても私は彼を逃がさない」
【類義】 江戸の仇を駿河で取る
【対義】
【英語】
【用例】 「江戸の敵を長崎で討つとばかりに、昔よく説教をしていた部下から、会議のときに全社員の前で企画のミスを指摘された」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス