英雄色を好む

【読み】 えいゆういろをこのむ
【意味】 英雄色を好むとは、英雄は何事にも精力旺盛であるから、女色を好む傾向も強いということ。

【英雄色を好むの解説】

【注釈】 「色」とは、色事のこと。
歴史上の人物では豊臣秀吉やナポレオンなどが、しばしば例に挙げられる。
【出典】
【注意】
【類義】 英傑色を好む/英雄色に迷う/英雄酒を好む
【対義】
【英語】 Heroes are amorous.(英雄色を好む)
Who loves not wine,women and song he is a fool his whole life.(酒も女性も歌も好まない男は一生馬鹿げた人生を送る)
【用例】 「我が社の社長は、まさに英雄色を好むというタイプでした」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス