益者三友、損者三友

【読み】 えきしゃさんゆう、そんしゃさんゆう
【意味】 益者三友損者三友とは、交際して自分の為になる友人には三種類あり、交際して自分が損をする友人も三種類ある。前者は正直な友、誠実な友、博識な友。後者は不正直な友、不誠実な友、口先のうまい友である。

【益者三友損者三友の解説】

【注釈】 『論語』にある孔子の言葉。「直きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞を友とするは、益なり。便辟(べんへき)を友とし、善柔を友とし、便佞(べんねい)を友とするは、損なり」
有益な友とは、素直で正直である人、誠実な人、見聞が広い人であり、有害な友とは、人に媚びへつらう人、人あたりは良いが誠実でない人、口先ばかりの人を言う。
友人は慎重に選ぶべきだとの意味が込められている。
「益者」とは、自分にとって有益な友人のこと。
「損者」とは、自分にとって害のある友人のこと。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「益者三友、損者三友を知っているか?君が今つき合っている友人は、益者三友とは言えないのではないかな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス