絵に描いた餅

【読み】 えにかいたもち
【意味】 絵に描いた餅とは、実際には何の役にも立たないことのたとえ。また、実現する見込みがないことのたとえ。

【絵に描いた餅の解説】

【注釈】 どんなに上手に描かれていても、絵に描かれた餅は見るだけで食べられない。
転じて、実際の役には立たないものや、実現する見込みのないものの意味。
「画餅」「絵に描いた牡丹餅」ともいう。
「画に描いた餅」とも書く。
【出典】
【注意】 「絵に描いたよう」と混同して使うのは誤り。
誤用例 「あの親子はまるで絵に描いた餅のように理想的な家族だ」
【類義】 画餅に帰す机上の空論畳の上の水練
【対義】
【英語】
【用例】 「確かに、実現できれば素晴らしいプランではあるが、現実的に考えて具体化するのは無理だろう。企画は良いが、しょせん絵に描いた餅だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス