燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

【読み】 えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや
【意味】 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやとは、小人物には、大人物の考えや大きな志などがわからないことのたとえ。

【燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやの解説】

【注釈】 「燕雀」はツバメやスズメなどの小さな鳥のことで、転じて小人物をさす。
「鴻鵠」は大鳥や白鳥など大きな鳥のことで、転じて大人物をさす。
「安んぞ」は、疑問・反語を表すのに用いられる漢文訓読語で、下に推量を伴って「どうして」「なんで」の意味。
『史記』に「磋呼、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」とあるのに基づく。
中国の陳渉が、若いころ農耕に雇われていたときに、その大志を嘲笑した雇い主に向かって言ったことば。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 燕雀何ぞ大鵬の志を知らんや/鶯鳩大鵬を笑う/鴻鵠の志/升を以て石を量る/猫は虎の心を知らず
【対義】
【英語】
【用例】 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや、理解できないと言う者は放っておけばよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス