縁なき衆生は度し難し

【読み】 えんなきしゅじょうはどしがたし
【意味】 縁なき衆生は度し難しとは、人の忠告を聞き入れようとしない者は、救いようがないということ。

【縁なき衆生は度し難しの解説】

【注釈】 「縁」とは、仏教とのつながり、仏縁の意。
「衆生」とは、すべての生物のこと。
「度す」は、仏が悟りの境地に導くという意。
すべての生物に慈悲深い仏であっても、仏の教えを聞く機会がない者、信じようとしない者は救うことができないことから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「本人が拒絶しているならどうしようもない、縁なき衆生は度し難しだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス