縁の下の力持ち

【読み】 えんのしたのちからもち
【意味】 縁の下の力持ちとは、人の目につかないところで、他人のために支える苦労や努力をすること。また、そのような人。

【縁の下の力持ちの解説】

【注釈】 縁側を下から支える柱のように、人知れず支えている存在のことをいう。
表舞台に立つことはないが、その存在なしではあり得ない、陰の働き手の価値はきわめて大きい。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 表立って活躍している人に使うのは誤り。
誤用例 「今回あのクラスが優勝できたのは、なんと言っても俊足のアンカーが縁の下の力持ちとなったからだろう」
【類義】 縁の下の掃除番/縁の下の舞/陰の松の奉公/簀の子の下の舞/闇の独り舞い
【対義】
【英語】 One catches the hare and another eat it.(一人はウサギを捕まえ、他の者がそれを食べる)
【用例】 「自分が出世できたのは、縁の下の力持ちとなってくれた人たちがいたからだ。応援してくれた両親、支えてくれた妻、協力してくれた友人の存在がなかったら、この地位まで上りつめることなどあり得なかっただろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス