縁は異なもの味なもの

【読み】 えんはいなものあじなもの
【意味】 縁は異なもの味なものとは、男女の結びつきはとても不思議なもので、うまくできているということ。

【縁は異なもの味なものの解説】

【注釈】 男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、非常に不思議でおもしろいものだということ。
理屈では説明できない縁があるという意。
多く思いもよらない二人が結ばれるようなときに使う。
「縁」とは、人の力を超えたところで、人と人を結びつける力の意。
単に「縁は異なもの」ともいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。そこでは「縁は異なもの」。
【出典】
【注意】 異性関係以外で使うのは本来は誤りだが、現在では異性関係以外の結びつきにも使われるようになっている。
誤用例 「あのとき私があの店に出向かなければ、今の仕事に就くこともなかったのだから、縁は異なもの味なものだ」
「異なもの」を「奇なもの」というのは誤り。
【類義】 合縁奇縁/縁は味なもの/何事も縁/虫が好く
【対義】
【英語】 Marriages are made in heaven.(縁組は天国でなされる)
Marriage is a lottery.(結婚はくじのようなもの)
【用例】 「縁は異なもの味なもので、彼が入院したときの執刀医である女医と再婚したらしい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス