会者定離

【読み】 えしゃじょうり
【意味】 会者定離とは、出会う者とはいつか必ず別れる運命にあるという、この世や人生の無常さを言った仏教のことば。

【会者定離の解説】

【注釈】 『平家物語』の「生者必滅、会者定離は浮世の習い」は有名。
また、「愛別離苦、会者定離」と続けて言うこともある。
【出典】 『遺教経』
【注意】
【類義】 愛別離苦/会うは別れの始め/合わせ物は離れ物/生者必滅
【対義】
【英語】 We never meet without a parting.(別れのない出会いは無い)
The best of friends must part.(一番の親友とでも必ず別れはおとずれる)
【用例】 「会者定離はこの世の常だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス