得手に帆を揚げる

【読み】 えてにほをあげる
【意味】 得手に帆を揚げるとは、絶好の機会が到来し、それを利用してはりきって行動を起こすこと。

【得手に帆を揚げるの解説】

【注釈】 追い風に帆を揚げるように、得意とすることを発揮できるチャンスに恵まれたので、それを逃がさずに利用して進むこと。
「得手」とは、最も得意とすること。
「揚げる」は「上げる」とも書く。
単に「得手に帆」とも。
「得手に帆を掛ける」ともいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
『江戸いろはかるた』では「得手に帆を揚ぐ」。
【出典】
【注意】
【類義】 得手に棒/追い手に帆を揚げる/風に順いて呼ぶ/順風満帆/時は失う可からず/流れに棹さす/真帆に追風/渡りに船
【対義】
【英語】 Hoist your sail when the wind is fair.(順風のときに帆をあげよ)
【用例】 「あの会社は、最も得意とする分野に力を入れて商品を開発した。すると得手に帆を揚げて一流企業に上場し、世界にも進出していった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス