越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く

【読み】 えっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく
【意味】 越鳥南枝に巣くい胡馬北風に嘶くとは、故郷の忘れがたいことのたとえ。

【越鳥南枝に巣くい胡馬北風に嘶くの解説】

【注釈】 中国南方の越の国の鳥は、北国へ渡っても南向きの枝に巣を作る。
北方の胡の国から来た馬は、北風が吹くと故郷を思い出してなく。
このように望郷の念にかられることをいう。
『文選』の詩の一節に「胡馬は北風に依り、越鳥は南枝に巣くう」とあるのに基づく。
単に「胡馬北風に嘶く」ともいう。
【出典】 『文選』
【注意】
【類義】 羈鳥旧林を恋い池魚故渕を思う/故郷忘じ難し
【対義】
【英語】
【用例】 「住んでいたときは何も思わなかったが、こうして一年も帰らないと故郷をふと思い出すことが多くなり、一日も早く帰りたいと思う。越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶くの思いだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス