馬鹿と鋏は使いよう

【読み】 ばかとはさみはつかいよう
【意味】 馬鹿と鋏は使いようとは、人を使うときは、その人の能力をいかせるように、うまく使うべきであるという教え。

【馬鹿と鋏は使いようの解説】

【注釈】 切れないハサミでも、使い方によっては何かの役に立つように、愚かな者でも上手に使えば役に立つものだということから。
能力のない者をばかにして言ったことばではなく、使う側の力量や能力を言ったことばである。
【出典】
【注意】
【類義】 阿呆と鋏は使いようで切れる/剃刀と奉公人は使いよう/鋏と奴は使いがら/鋏と嫁は使いよう/奉公人と牡牛は使いようで動く/奉公人と鋏は使いようで働く
【対義】
【英語】 Sticking goes not by strength, but by guiding of the gully.(うまく突き刺すこつは、力ではなく刀さばきである)
【用例】 「馬鹿と鋏は使いようで、前の職場では能力を発揮できなかった彼も、今の社長の下に就いてから本領を発揮したようだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス