万事休す

【読み】 ばんじきゅうす
【意味】 万事休すとは、対策の講じようがなく、もはや手の施しようがないこと。すべてが終わったと諦めること。

【万事休すの解説】

【注釈】 今さら何をしてもだめだ、もうおしまいだ、という意味。
出典は『宋史』の『荊南高氏世家』にある故事。荊南を継いだ王子の保勛は甘やかされて育った。人が怒ってにらんでもにこっと笑う保勛に、荊南の人々が「万事休すだ」と言ったことから。(王が保勛を溺愛し、それを見た人々が「万事休すだ」と嘆いたという説もある)
その後、保勛が四代目当主になってから政治は乱れ、国は滅びた。
「万事」とは、すべてのこと。
「休す」とは、休む(憩う)の意味ではなく、すべておさまるという意味。
「万事」と「休す」の間に助詞を入れて「休す」を活用させることもある。(例 「万事は休した」)
【出典】 『宋史』荊南高氏世家
【注意】 「万事窮す」と書くのは誤り。
【類義】 刀折れ矢尽きる/事ここに至る/万策尽きる/弓折れ矢尽きる
【対義】
【英語】 To be at (or come to) the end of one's rope.(綱の端に来る)
【用例】 「昨日デートした子に送るはずのメールを、誤って妻に送ってしまった。もはや万事休すだ……」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス