破竹の勢い

【読み】 はちくのいきおい
【意味】 破竹の勢いとは、勢いが激しくて、とどめることができないこと。猛烈な勢いで進んでいくこと。

【破竹の勢いの解説】

【注釈】 刃物で竹を割ると、最初の一節が割れればあとは一気に割れていくことから。
『晋書』杜預伝の「今兵威已(すで)に振(ふる)う。譬(たとえ)ばを竹を割るが如(ごと)し。數節(すうせつ)の後、皆刃(やいば)を迎へて解け、復(また)手を著(つ)くる処(ところ)無し。(今こちらの軍の兵威は盛んであり、それは例えるならば竹を割るときのようなもので、刃を当てれば数節の先まで割れてしまうのだから手を施すことはもう何もない)」に基づく。
【出典】 『晋書』杜預伝
【注意】 「爆竹の勢い」は誤り。
【類義】 草木も靡く/飛ぶ鳥を落とす勢い
【対義】
【英語】 He is ready to leap over nine hedges.(九つもの生け垣をも飛び越えんとする勢い)
【用例】 「このチームの成長の早さには、目を見張るものがある。今の彼らは破竹の勢いだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス