這えば立て立てば歩めの親心

【読み】 はえばたてたてばあゆめのおやごころ
【意味】 這えば立て立てば歩めの親心とは、子供の成長を待ちわびる親の気持ちを言ったことば。

【這えば立て立てば歩めの親心の解説】

【注釈】 生まれた子供が這うようになれば、親は早く立たないかと思い、立つようになれば早く歩くようにならないかと思う。
どんな親でも子供の成長を楽しみに待ちかねているということから。
「這えば立て立てば歩め」「立てば歩めの親心」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「這えば立て立てば歩めの親心で、子供の成長が楽しみで仕方ない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス