灰吹きから蛇が出る

【読み】 はいふきからじゃがでる
【意味】 灰吹きから蛇が出るとは、思いがけないこと、ありえないことが起こること。また、わずかなことが大事に至ること。

【灰吹きから蛇が出るの解説】

【注釈】 「灰吹き」とは、タバコ盆についているタバコの吸い殻を入れる筒のことで、その灰吹きから蛇が出るくらいありえないということ。
「蛇」は「へび」とも読む。
「灰吹きから大蛇が出る」ともいう。
【出典】
【注意】 予測が不可能ではない範囲のことが起きるときに使うのは誤り。
誤用例 「天気予報では晴れだったのに、曇るだなんて、灰吹きから蛇が出るようなものだ」
【類義】 灰吹きから竜が上る/瓢箪から駒が出る
【対義】
【英語】 Mows may come to earnest.(冗談で言ったことが本物になることがある)
【用例】 「余命三ヶ月と言われていたのに三年も生きているだなんて、灰吹きから蛇が出るとはこのことだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス