敗軍の将は兵を語らず

【読み】 はいぐんのしょうはへいをかたらず
【意味】 敗軍の将は兵を語らずとは、失敗した者は、それについて弁解するものではないということ。

【敗軍の将は兵を語らずの解説】

【注釈】 戦いに敗れた者は、戦いの経緯や武勇について語る立場ではないという意味から、失敗した者が弁解がましく発言したりすべきではないという戒め。
「兵」は、「戦い」を意味する。
『史記・准陰候』に「敗軍の将は以て勇を言うべからず。亡国の大夫は以て存を図るべからず(戦に負けた将軍は武勇について語る資格がない。滅んだ国の家老は国の存立を考えるべきではない)」とある。
【出典】 『史記』
【注意】 「兵」を「兵士」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「試合の後に監督が選手たちについて、あれこれ言うものじゃない。敗軍の将は兵を語らずだ」
【類義】 敗軍の将は謀らず/敗軍の将は以て勇を言うべからず
【対義】
【英語】
【用例】 「惨敗という結果に終わったのだから、今更ああすれば良かった、こうすれば良かったと弁解するのは男らしくないぞ。敗軍の将は兵を語らずというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス