背水の陣

【読み】 はいすいのじん
【意味】 背水の陣とは、失敗すればもう後がないという、せっぱつまった立場で事に当たることのたとえ。

【背水の陣の解説】

【注釈】 川・湖・海などを背にして構えた陣立てを意味し、退却すれば水に溺れてしまうことから、一歩も退くことができないという状態で事に当たることをいう。
漢の功臣韓信が趙と戦ったとき、兵たちを敢えて山上の砦から下ろして不利な立場にし、川を背にして戦わせた。兵たちは一歩も引けない状態で、死に物狂いで戦闘し、趙の軍を打ち破ったという『史記・淮陰侯列伝』にある故事に基づく。
【出典】 『史記』
【注意】 「背水の陣を敷く」とは言うが、「背水の陣を引く」とするのは誤り。
【類義】 井を塞ぎ竈を平らぐ/糧を捨てて船を沈む/釜を破り船を沈む/川を渡り船を焼く/船を沈め釜を破る
【対義】
【英語】 burn one's boats(bridges).(背後のボート(橋)を焼く)
Who draweth his sword against his prince must throw away the scabbard.(主君に逆らって刀を抜く者は、さやを捨てなければならない)
【用例】 「この選挙に敗れれば、もう後がない。背水の陣を敷いて戦う覚悟だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス