始めは処女の如く後は脱兎の如し

【読み】 はじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし
【意味】 始めは処女の如く後は脱兎の如しとは、始めは弱々しく見せかけて敵を油断させ、あとで一気に素早く攻撃すること。また、始めはたいしたことはないが、あとで一気に実力を発揮することのたとえ。

【始めは処女の如く後は脱兎の如しの解説】

【注釈】 「脱兎」とは、逃げていくウサギのことで、非常に速いもののたとえ。
始めは処女のように物静かな行動をし、あとで逃げる兎のように素早く行動すること。
孫子の兵法の一つ。
『孫子・九地』に「始めは処女の如く、敵人戸を開く。後は脱兎の如く、敵拒ぐに及ばず(始めは処女のように慎み深く、後は脱兎のように素早く攻撃すれば、敵は防御できない)」とあるのに基づく。
【出典】 『孫子』
【注意】 始めのうちはおとなしいが、後から乱暴になるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「始めは処女の如く後は脱兎の如しで、結婚前とは大違いだ」
【類義】
【対義】 頭でっかち尻つぼみ/虎頭蛇尾/竜頭蛇尾
【英語】
【用例】 「始めは処女の如く後は脱兎の如しだ。頃合を見計らって一気に攻めよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス