掃き溜めに鶴

【読み】 はきだめにつる
【意味】 掃き溜めに鶴とは、つまらないものの中に飛びぬけてすぐれた者や美しい者がまじっていることのたとえ。

【掃き溜めに鶴の解説】

【注釈】 汚いごみ捨て場に、ひときわ美しい鶴が舞い降りたことから。
「掃き溜め」=ごみをまとめて置く所。ごみため。言い方を変えると、色々な種類のものが寄せ集められているところ。
【出典】
【注意】
【類義】 砂に黄金泥に蓮/鶴立鶏群/鶏群の一鶴紅一点/芥溜めに鶴/珠玉の瓦礫に在るが如し/砂の底から玉が出る/砂の中の黄金/堆肥の中の宝石/塵塚に鶴/天水桶に竜/万緑叢中紅一点/藪に黄金
【対義】 鳳は藪の中にはいない/千石見晴らしの田でないと鶴は下りぬ
【英語】 A jewel in a dunghill.(糞の山の中に宝石)
【用例】 「むさくるしい男性ばかりの中で、まさに彼女は掃き溜めに鶴のような存在だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス