白眉

【読み】 はくび
【意味】 白眉とは、多くの中で、最も際立ってすぐれた人や物のたとえ。

【白眉の解説】

【注釈】 『三国志・蜀志・馬良伝』にある故事に基づく。
蜀の馬氏の五人兄弟は秀才揃いで、いずれも字(あざな)に「常」の字を用いていたことから「馬氏の五常」と呼ばれていた。中でも最もすぐれていた長男の馬良は、眉に白い毛が生えていたことから「馬氏の五常、白眉最も良し」と人々に言われていたという話から。
「白眉」とは、白い眉毛のこと。
【出典】 『三国志』
【注意】
【類義】 白眉最良/馬良白眉
【対義】
【英語】 A man (or one) among a thousand.(千人のうち、たった一人の人間)
【用例】 「面白い映画は数え切れないほどあるけれど、この作品はミステリーの白眉と言ってもいいだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス