薄氷を履むが如し

【読み】 はくひょうをふむがごとし
【意味】 薄氷を履むが如しとは、きわめて危険な状態にあることのたとえ。

【薄氷を履むが如しの解説】

【注釈】 いつ割れてもおかしくないような、薄くはった氷の上を歩くように、非常に危険な状態に臨むこと。
『詩経・小雅』に「戦戦兢兢として深淵に臨むが如く、薄氷を履むが如し」とあるのに基づく。
「薄氷を履む」とも。
【出典】 『詩経』
【注意】 危険な冒険をするの意で使うのは誤り。
誤用例 「薄氷を履むが如く、世界一高いバンジージャンプに挑戦したい」
【類義】 危うきこと虎の尾を踏むが如し/危うきこと累卵の如し/蜘蛛の巣で石を吊る/氷に座す/氷を歩む/重卵より危うし/深淵に臨んで薄氷を履むが如し/虎の尾を踏む/虎の口へ手を入れる/竜の頷の珠を取る/竜の鬚を撫で虎の尾を踏む/累卵の危うき/累卵より危うし
【対義】
【英語】 Walk on eggs.(卵の上を歩く)
【用例】 「あの日はまさに薄氷を履むが如しで、あと数分到着が遅れていたら自分の命はなかったかもしれない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス