花も実もある

【読み】 はなもみもある
【意味】 花も実もあるとは、外見が綺麗なばかりでなく、中身も充実していること。名実ともに優れていることのたとえ。また、人情と道理ともに兼ね備えていること。

【花も実もあるの解説】

【注釈】 美しい花も咲き、実までなるという意味から、「花」を外見や情にたとえ「実」を実質や道理にたとえている。
義理も人情もわきまえていて、手落ちがないことをいう。
【出典】
【注意】 「花も実もなる」というのは誤り。
実際に花と実があるの意味で使うのは誤り。
誤用例 「秋は、花も実もある植物が多い」
【類義】 色も香もある
【対義】 花多ければ実少なし
【英語】
【用例】 「彼女は才色兼備で、まさに花も実もある人生を送っていた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス