花に嵐

【読み】 はなにあらし
【意味】 花に嵐とは、良いことには、とかく邪魔が入りやすいことのたとえ。

【花に嵐の解説】

【注釈】 好事を「花」に見立て、「嵐」はそれを散らして吹く激しい風の意。
花がきれいに咲くと、激しい風が吹いて撒き散らしてしまうことから、良いことにはとかく邪魔が入りやすいことをいう。
「花に風」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 好事魔多し/寸善尺魔/月に叢雲、花に風/花発いて風雨多し
【対義】
【英語】 Good luck comes by cuffing.(幸運は平手打ちをして過ぎ去る)
【用例】 「花に嵐というが、準備万端整っていざ開始しようと張り切っているときに、ここまで多くのトラブルに見舞われるとは……」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス