花は桜木、人は武士

【読み】 はなはさくらぎ、ひとはぶし
【意味】 花は桜木人は武士とは、花の中では桜がもっともすぐれており、人の中では武士が第一であるということ。

【花は桜木人は武士の徳の解説】

【注釈】 花では桜の花が最も美しく、人はぱっと咲いてぱっと散る桜のように、死に際の潔く美しい武士が最もすぐれていることをいったことば。
【出典】
【注意】
【類義】 木は檜、人は武士
【対義】
【英語】
【用例】 「花は桜木、人は武士というように、自分も潔くありたい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス