花より団子

【読み】 はなよりだんご
【意味】 花より団子とは、風流よりも実益、外観よりも実質を重んじることのたとえ。また、風流を解さない人を批判するときの言葉。

【花より団子の解説】

【注釈】 花見に行っても、見ていて美しい桜の花より、腹の足しになる茶店のおいしい団子を喜ぶことから。
『江戸いろはかるた』』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「花見より団子」というのは誤り。
【類義】 一中節より鰹節/色気より食い気/義理張るより頬張れ/恋するより徳をしろ/詩を作るより田を作れ/名を捨てて実を取る/花の下より鼻の下/見栄張るより頬張れ/理詰めより重詰め
【対義】
【英語】 Pudding before praise.(賞賛よりもプディング)
Better have meat than fine clothes.(美しい服よりも食べ物のほうが良い)
【用例】 「花より団子で、表彰状よりも金一封でも貰ったほうがありがたかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス