歯に衣着せぬ

【読み】 はにきぬきせぬ
【意味】 歯に衣着せぬとは、相手に遠慮なく、率直に思ったことを言うことのたとえ。

【歯に衣着せぬの解説】

【注釈】 「衣」とは、衣服・着物のこと。袴に対して、上半身に着る物をいう。
言葉を飾らないで、ずけずけと物を言うこと。
「歯に衣着せず」とも。
【出典】
【注意】 「衣」を「絹」と書くのは誤り。また、「ころも」と読むのは誤り。
肯定形の「歯に衣着せる」の言い方は誤用ではないが、本来は否定形で使う。
肯定形で使う場合は、「奥歯に衣着せる」というのが一般的。
【類義】
【対義】 奥歯に衣着せる/奥歯に物が絡まる/奥歯に物が挟まる
【英語】 To give one his own.(ずばりと本当のことを言う)
call a spade a spade.(鋤を鋤と呼ぶ[あからさまに言う])
【用例】 「彼の発言はいつも歯に衣着せぬ物言いで、少しきつく感じるがはっきり言うので聞いていて気持ちが良い」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス