八方塞がり

【読み】 はっぽうふさがり
【意味】 八方塞がりとは、どの方面にも進めず、手の打ちようがないことのたとえ。

【八方塞がりの解説】

【注釈】 「八方」とは、東西南北・北東・東南・南西・西北の八つの方角のことで、あらゆる方角を意味する。
陰陽道の占いで、どの方角で何をしても不吉だということから。
転じて、どこにも抜け道がなく、誰にも信用されず途方に暮れていることもいう。
【出典】
【注意】 八方を10進法の8とするのは誤り。
誤用例 「占いで八方塞がりと言われたが、ポジティブに考えよう。残りの二方が良いならいいじゃないか」
【類義】
【対義】
【英語】 I am in a pretty fix.(まったく途方に暮れている)
【用例】 「自業自得とは言え、上司には責められ、妻には愛想を尽かされ、仲間には見捨てられ、そのときの私は八方塞がりだった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス