腹八分目に医者要らず

【読み】 はらはちぶんめにいしゃいらず
【意味】 腹八分目に医者いらずとは、満腹になるまで食べないで、八分目くらいで抑えておけば健康に良いということ。

【腹八分目に医者要らずの解説】

【注釈】 お腹いっぱいまで食べるよりも、腹八分目程度に抑えて食べるほうが体には良い。
暴飲暴食を戒めていうことわざ。
「腹八分に医者いらず」「腹八合には医者いらず」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 小食は長生きのしるし/節制は最良の薬/大食短命/腹八分に病なし/腹八分目卑しからず/腹も身の内
【対義】
【英語】 Feed by measure and defy the physician.(適度に食べて医者を無視せよ)
Measure is medicine.(程よさは薬である)
Much meat, much disease.(食べ物が多ければ病気も多い)
【用例】 「あまりにも美味しくて食べ過ぎてしまったが、いつも後悔することになる。腹八分目に医者いらずともいうし、少し自制しなければ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス