腹が減っては戦ができぬ

【読み】 はらがへってはいくさができぬ
【意味】 腹が減っては戦ができぬとは、何事も腹が減っていてはよい働きはできないというたとえ。

【腹が減っては戦ができぬの解説】

【注釈】 腹が減っていては、十分に活動ができない。もちろん戦うこともできない。
物事に取り組むときは、まず腹ごしらえをしてエネルギーを補給するべきだというたとえ。
「戦」は「軍」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 An army marches on its stomach.(軍隊の進軍は腹次第)
The stomach carries the feet.(胃が足を運ぶ)
The mill stands that wants water.(水のない水車は動かない)
【用例】 「この仕事は長丁場になるから、とりあえず腹ごしらえをしよう。腹が減っては戦が出来ぬと言うじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス