腹に一物

【読み】 はらにいちもつ
【意味】 腹に一物とは、表面は何事もないようで、心の中では何かたくらんでいることのたとえ。

【腹に一物の解説】

【注釈】 ここでの「腹」は「心の中」「本心」のことで、昔は精魂は腹にあるものとされていたことから。
「一物」とは、露骨に言葉に出すことがはばかられる時に代わりに使う語のこと。たくらみを指す。
「一物」の「一」に「ニ(荷)」を掛けたしゃれで、「腹に一物、背に荷物」「腹に一物、手に荷物」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 胸に一物
【対義】
【英語】 I say little but I think more.(口にはあまり出さないが腹の中には秘めた考えがある)
【用例】 「彼女が訪問してきたのは、きっと腹に一物あるからだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス