箸にも棒にも掛からない

【読み】 はしにもぼうにもかからない
【意味】 箸にも棒にもかからないとは、あまりにもひどすぎて、どうにもこうにも手がつけられないこと。また、何のとりえもないたとえ。

【箸にも棒にも掛からないの解説】

【注釈】 細くて小さい箸にも、太くて大きい棒にも引っ掛からない意味から。
「箸にも棒にもかからぬ」とも。
【出典】
【注意】 「少しの手掛かりもない」という意味で使うのは誤り。
誤用例 「捜索も今日で一週間だというのに、まるで箸にも棒にもかからない」
【類義】 酢でも蒟蒻でも/縄にも蔓にもかからぬ/縄にも杓子にもかからぬ/煮ても焼いても食えない
【対義】
【英語】 The early bird catches the worm.(早起きの鳥は虫をつかまえる)
The cow that's first up, gets the first of the dew.(最初に起きる牛は最初の朝露を吸う)
【用例】 「彼は毎日寝るかゲームをするかしているだけで、箸にも棒にもかからずどうしようもない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス