鳩が豆鉄砲を食ったよう

【読み】 はとがまめでっぽうをくったよう
【意味】 鳩が豆鉄砲を食ったようとは、突然の出来事に驚いて、目を丸くしているさま。

【鳩が豆鉄砲を食ったようの解説】

【注釈】 鳩が豆鉄砲で撃たれ、驚いて目を丸くしている様子から、思いがけない出来事に驚いて、きょとんとしていることのたとえ。
「豆鉄砲」とは、豆を弾丸にして撃つおもちゃの鉄砲のこと。
「食う」は、食らう、こうむるの意で、鳩が豆を食べるという意味ではない。
「豆鉄砲を食った鳩のよう」ともいう。
【出典】
【注意】 「鳩が鉄砲を食ったよう」とするのは誤り。
【類義】 鳩に豆鉄砲
【対義】
【英語】 Like a (dying) duck in thunder( or a thunderstorm).(雷が鳴っているときのアヒルのように)
【用例】 「鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして、彼らが結婚していたことに、そんなに驚いたのかい?」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス