蛇稽古

【読み】 へびげいこ
【意味】 蛇稽古とは、稽古事などが長続きしないことのたとえ。

【蛇稽古の解説】

【注釈】 蛇は冬眠する動物で、暖かくなる春に冬眠から目覚めて、寒くなり始める秋には土の中に入ってしまう。
その蛇のように、春に活動を始めて秋にはやめてしまうことから。
【出典】
【注意】
【類義】 一暴十寒三日坊主
【対義】
【英語】
【用例】 「また習い事を始めるのかい?どうせ蛇稽古になるだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス