蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる

【読み】 へびにかまれてくちなわにおじる
【意味】 蛇に噛まれて朽ち縄に怖じるとは、一度ひどい目にあうと、それと関わるものに出会ったときに、必要以上に怖がることのたとえ。

【蛇に噛まれて朽ち縄に怖じるの解説】

【注釈】 蛇に噛まれたことのある者は、腐った縄を見ても「蛇だ」と思い、必要以上に用心深く怯えるようになることから。
蛇は朽ちた縄に似ていることから、「くちなわ」という別名もある。
【出典】
【注意】
【類義】 羮に懲りて膾を吹く/黒犬に噛まれて赤犬に怖じる/黒犬に噛まれて灰汁の垂れ滓に怖じる/舟に懲りて輿を忌む/火傷火に怖じる
【対義】
【英語】 He that has been bitten by a serpent is afraid of a rope.(蛇に噛まれた者は縄を怖がる)
Scalded cats fear even cold water.(やけどした猫は水をも恐れる)
Birds once snared fear all bushes.(一度罠にかかったことのある鳥は、すべての茂みを怖がる)
【用例】 「蛇に噛まれて朽ち縄に怖じるというが、彼はあの事故以来、すべての乗り物に恐怖を感じるようになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス