蛇に睨まれた蛙

【読み】 へびににらまれたかえる
【意味】 蛇に睨まれた蛙とは、非常に恐ろしいもの、苦手なものの前で、身がすくんでしまい動けなくなるようすのたとえ。

【蛇に睨まれた蛙の解説】

【注釈】 蛇に睨まれた蛙が、恐ろしくて身動きできなくなっている様子から。
【出典】
【注意】
【類義】 鷹の前の雀/猫の前の鼠/蛇に逢うた蛙/蛇に見込まれた蛙
【対義】
【英語】
【用例】 「いたずらが見つかった長男は、母親を前にして蛇に睨まれた蛙のように固まった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス