下手があるので上手が知れる

【読み】 へたがあるのでじょうずがしれる
【意味】 下手があるので上手が知れるとは、下手な人がいるからこそ、上手な人の存在が目立つということ。

【下手があるので上手が知れるの解説】

【注釈】 世の中に上手な人しかいなければ、上手なのが当たり前でその価値がわからなくなる。
下手な人がいることによって、上手な人と比較され、上手さがわかるというものだから、下手な人も必要であり、どんな人でも役に立つということ。
下手な人の自己弁護や、無意味な存在などないとなぐさめるときに使われる。
「下手があるので上手がわかる」「下手ありて上手わかる」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 馬鹿があって利口が引き立つ/下手は上手の飾り物
【対義】
【英語】
【用例】 「たった一回の挑戦で、小説を書いて入選したって?私なんか、もう何度も投稿しているが、一度も賞をもらったことなどないよ。まあ私のような者がいるから、君の才能も目立つのだろう。下手があるので上手が知れるというからね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス