下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

【読み】 へたなてっぽうもかずうちゃあたる
【意味】 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるとは、一つがだめでも、たくさんやってみれば中にはまぐれ当たりもあるというたとえ。

【下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの解説】

【注釈】 射撃が下手でも、数多く撃っているうちにまぐれで命中することもあるという意味から。
回数が多ければ多いほど、当たる確率も高くなるだろう。
「下手な鉄砲も数撃てば当たる」ともいう。
「撃ちゃ(撃てば)」は「打ちゃ(打てば)」とも書く。
【出典】
【注意】 目上の人などに直接言うと失礼な場合もあるので注意。
【類義】 下手な鍛冶屋も一度は名剣
【対義】
【英語】 He that shoots oft at last shall hit the mark.(何発も撃つ者は、ついには的を射当てる)
Oft ettle, whiles hit.(しばしば狙えば時には当たる)
【用例】 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというから、これで終わりだと諦めないで色んなオーディションを受けてみればいい」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス