下手の考え休むに似たり

【読み】 へたのかんがえやすむににたり
【意味】 下手の考え休むに似たりとは、よい考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間の無駄だということ。

【下手の考え休むに似たりの解説】

【注釈】 囲碁や将棋で、下手な者がいくら長時間考え込んでも名案など浮かばず、まるで駒を手にしたまま何も考えずに休んでいるようなものだということから、よい考えなど浮かぶはずもないのに、あれこれ考えて時間を無駄にするという意味。
【出典】
【注意】 「下手な考え休むに似たり」というのは誤り。
【類義】 下手な思案は休むに同じ/下手の考え休むに如かず
【対義】 下手の考え休むに如かず
【英語】 Mickle fails that fools think.(馬鹿が考えていることは、たいてい役に立たない)
【用例】 「そういうのは下手の考え休むに似たりというものだよ。いい加減降参したらどうだい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス