下手の長談義

【読み】 へたのながだんぎ
【意味】 下手の長談義とは、話の下手な人ほど、だらだらと長話をすること。また、話の下手な人ほど、興味のない話を長々として相手をうんざりさせるということ。

【下手の長談義の解説】

【注釈】 「長談義」は長い説法のことで、転じて、長いだけでまとまりのない話。
「下手の長話」「下手の長口上」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「下手な長談義」というのは誤り。
【類義】 長口上は欠伸の種
【対義】
【英語】 Brevity is the soul of wit.(簡潔は機知の精髄)
Many speak much who cannnot speak well.(上手にしゃべれない人ほど多弁である)
【用例】 「下手の長談義とは彼のスピーチのことで、参加した人たちは皆うんざりしていた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス