貧乏暇なし

【読み】 びんぼうひまなし
【意味】 貧乏暇なしとは、貧乏をしていると生活に追われて朝から晩まで働かなければならず、ほかのことをする余裕がないということ。

【貧乏暇なしの解説】

【注釈】 時間を作れないことの言い訳や、謙遜のことばとしても使われる。
「貧乏暇なし魚売り」や「貧乏暇なし砂利(籠・糞・ため)かつぎ」と続けても言う。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「貧乏人暇なし」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 No rest for the wicked.(悪人に休んでいる暇はない)
【用例】 「貧乏暇なしで、仕事に追われる毎日ですよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス