贔屓の引き倒し

【読み】 ひいきのひきだおし
【意味】 贔屓の引き倒しとは、ひいきが度を越えて、かえってその人を不利にすること。

【贔屓の引き倒しの解説】

【注釈】 贔屓をし過ぎると周囲の人の反感を買い、かえってその人の迷惑になることから。
「贔屓」は、中国では「力を出す」「努力する」という意味があり、「力を出す」から転じて日本では「特別扱いする」という意味になった。
「贔屓」の読みは本来「ひき」であったことから、「引き倒し」の「引き」と掛けられている。
「引き倒し」は「ひきたおし」とも読む。
「贔屓の引き倒れ」ともいう。
【出典】
【注意】 中国で「贔屓」とは、龍から生まれ亀の姿に似た伝説上の生き物も指し、重いものを背負うことを好むとされていたため、石柱や石碑の土台の台座として使われるようになった。亀の台座「贔屓」を引っぱると石柱が倒れることが「贔屓の引き倒し」の由来ともいわれるが、このことわざと亀の台座は関係ない。
【類義】 甲張り強くして家押し倒す/寵愛昂じて尼になす/弱き家に強き甲張り
【対義】
【英語】 To do (a person) disservice by giving him too much of misdirected patronage.(あまりにひいきしすぎてかえって相手に害を与える)
Kill with kindness.(親切で殺す)
【用例】 「不真面目なのに要領よく立ち回る課長のミスを、社長が指摘しないから社員たちは不満だらけだ。贔屓の引き倒しというものだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス