日暮れて道遠し

【読み】 ひくれてみちとおし
【意味】 日暮れて道遠しとは、年をとってしまったのに、まだ人生の目的が達成できていないことのたとえ。また、やらねばならない仕事がたくさんあるのに一向に仕事がはかどらないことのたとえ。

【日暮れて道遠しの解説】

【注釈】 日が暮れてしまったのに、前途はまだまだ長いという意味から、目的を達成していないのに年老いてしまったこと。または、期限が迫っているのにやるべき仕事を終わらせていないことをいう。
春秋時代後期、伍子胥は楚の平王への報復を心に誓った。
平王の墓をあばいて掘り出した死骸を鞭打って恨みを晴らした伍子胥を見て、知人の申包胥はそのやり方を非難した。
それに対して伍子胥が言った「吾日暮れて途遠し。吾、故に倒行して之を逆施す(私は年老いてなおなるべきことが多い。だから道理など考える暇はなかったのだ」という言葉に基づく。
「道」は「途」とも書く。
【出典】 『史記』
【注意】 「日暮れて」を「ひぐれて」と読むのは誤り。
【類義】 道遠く日暮る
【対義】
【英語】 To remain still unsettled.(いつまでたっても埒があかない)
【用例】 「毎日を、悔いのないよう精一杯過ごしてきた。けれども日暮れて道遠しで、いまだに達成できていないことが私にはまだたくさんある」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス