火に油を注ぐ

【読み】 ひにあぶらをそそぐ
【意味】 火に油を注ぐとは、勢いの激しいものに、いっそう勢いを加えることのたとえ。

【火に油を注ぐの解説】

【注釈】 勢いよく燃えている火に油を注ぐと、ますます火勢が強くなることから。
騒ぎをいっそう大きくしてしまうなど、その結果を望ましくないものとして使う。
「燃える火に油を注ぐ」「火上油を加う」、または単に「油を注ぐ」ともいう。
【出典】
【注意】 よい結果や、盛り上がることに使うのは誤り。
誤用例 「一丸となって猛練習していた部員たちの火に油が注ぎ、すさまじい集中力を発揮した」
「油紙に火がついたよう」と混同して、ぺらぺらとよくしゃべるさまの意味で使うのは誤り。
誤用例 「調子に乗った彼女は、火に油を注ぐように、ますますぺらぺらとしゃべりまくった」
【類義】 油を掛ける/油を以て火を救う/駆け馬に鞭/薪に油を添える/走り馬にも鞭/飛脚に三里の灸/吠える犬にけしかける/帆掛け船に櫓を押す/燃える火に薪を添う
【対義】
【英語】 add oil to the fire.(火に油をそそぐ)
Bring oil to the fire.(火のある所へ油を持ってくる)
【用例】 「ただでさえこじれている夫婦関係に君が口出しをしたら、火に油を注ぐ結果になるだけだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス