貧すれば鈍する

【読み】 ひんすればどんする
【意味】 貧すれば鈍するとは、人は貧乏になると、利口な人でも愚かになるということ。

【貧すれば鈍するの解説】

【注釈】 貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味。
また、暮しが貧しくなれば、心までも貧しくなるものだということ。
「貧すれば鈍す」「貧すりゃ鈍する」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 馬痩せて毛長し/仇の金でもあれば使う/窮すれば鈍する/窮すれば濫す/鈍すりゃ貧する/人貧しければ智短し
【対義】
【英語】 Poverty demoralises.(貧困は不道徳にする)
He that loses his goods loses his sense.(財産をなくす者は分別をなくす)
It is a hard task to be poor and leal.(貧乏していてなおかつ誠実でいるのは困難な課題である)
There is no virtue which poverty destroys not.(貧困のために損なわれない美徳はない)
【用例】 「貧すれば鈍するということなのか、彼女はいつも人にたかることばかり考えていて呆れる」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス