匹夫の勇

【読み】 ひっぷのゆう
【意味】 匹夫の勇とは、深く考えず、ただ血気にはやるだけの勇気。思慮も分別も無い、腕力に頼るだけのつまらない勇気。

【匹夫の勇の解説】

【注釈】 「匹夫」とは、身分の低い男、道理をわきまえない教養のない男のこと。 孟子が斉の宣王に言ったことばで、『孟子・梁恵王下』に「夫れ剣を撫し疾視して曰く、彼悪くんぞ敢えて我に当たらんや(刀を撫でて睨みつけ、むやみにいきり立つのは匹夫の勇というもので、たった一人を相手にするだけのことだ)」とあるのに基づく。
【出典】 『孟子』
【注意】 「匹夫」を「ひきふ」と読むのは誤り。
【類義】
【対義】 瓢箪から駒も出でず
【英語】 Foolhardiness(無鉄砲)
【用例】 「そんな向こう見ずで自暴自棄な選択をするなんて、匹夫の勇というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス