顰みに倣う

【読み】 ひそみにならう
【意味】 顰みに倣うとは、善し悪しを考えず、むやみに人の真似をすることのたとえ。また、人の言動を見習うことを謙遜して言う言葉。

【顰みに倣うの解説】

【注釈】 春秋時代、越の西施という美人が胸を病んで苦しんで、苦痛で顔をしかめているのを美しいと思った町の醜女が、それを真似て村中を歩いた。
醜女は、西施の美しさは知っていたが、西施が眉をひそめていてもなぜ美しく見えるのかということには気がつかなかったという故事に基づく。
「顰み」とは、眉間にしわを寄せること。
【出典】 『壮士』
【注意】 「倣う」を「習う」と書くのは誤り。
【類義】 西施の顰みに倣う
【対義】
【英語】
【用例】 「私も先生の顰みに倣って、先週から絵画教室に通っています」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス